検索エンジン、SEO、SEM、などの技術、動向の研究、紹介をしているサイトです。

サイトマップ当サイトについて利用上の注意個人情報の扱い更新記録お問い合わせ
特に有用または興味を引くSEO系情報提供ブログの更新情報 - 一覧ページを表示
1  住 太陽のSEOブックマークの注目記事  ⇒  10月22日(昨日)
2  バカに毛が生えたブログ(バカ毛...  ⇒  10月21日(一昨日)
 
SEO記事リミックス   説明   注目()   新着(5件)   有用新着(1件)   昨日人気(1件)   外部人気()   長期人気()  
SEO記事リミックス    -    10月23日 00時 更新 [毎時更新]

 ⇒ ネットショップ担当者フォーラム
 
 
 << その前  今日までの35日分の記事  その後 >>


表示形式: [ 標準 | 簡素 ]    表示順序: [ 新しい順 | 古い順 ]  (左記の設定は使用中のブラウザーに保存されます)
SEO記事フィルタ: [ オン | オフ ]    人気記事フィルタ: [ オン | オフ ]    有用ブログ記事フィルタ: [ オン | オフ ]
当ページは日付順の記事一覧です。【当ページの更なる説明】【当ページの最後の記事】
[  ページ内の記事数:  86  ]  [  記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)  外部人気記事 は外部サイトでの人気度(紹介数等による評価)   有用ブログ  は当サイト管理人が選択した「特に有用または興味を引くSEO系情報提供ブログ」   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上のSEO記事を投稿するブログが評価対象)   は「SEO記事フィルタ:オン」のとき表示されない記事  ]  [  操作の説明:  タイトルをクリックすると別タブまたは別ウィンドウでオリジナルページを表示  ]


1
スタートトゥデイ、ファッションアプリ「IQON」のVASILYを買収へ
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
ファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは10月19日、ファッションコーディネートアプリ「IQON(アイコン)」を運営するVASILY(ヴァシリー)の全株式を取得し、完全子会社化することで合意したと発表した。VASILYが持つ人工知能を活用した画像認識技術などを応用し、スタートトゥデイの成長につなげる。VASILYが運営する「IQON」は、200以上のECサイトで販売されているファッションアイテムの画像を、ユーザー...   (続きを読む)
2
Yahoo!ショッピングに動画コマース機能、ライブ配信で商品紹介
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
ヤフーは10月19日、「Yahoo!ショッピング」のスマホアプリにライブ配信で商品を紹介できる機能を実装すると発表した。法人の出店者を対象に、11月上旬から無料で機能を提供する。ライブ配信機能の名称は「Yahoo!ショッピングLIVE」。法人の出店者はライブ配信用アプリ「ストアクリエイター」をダウンロードすることでライブ配信機能を利用できる。配信時間帯は毎日午後6時〜午後11時。番組枠は30分で、配信は事前予約制。配信面...   (続きを読む)
3
Yahoo!ショッピング「いい買物の日」/中国ECモール最新情報【ネッ担アクセスランキング】 | 週間人気記...
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
Yahoo!ショッピングで「いい買物の日」が11月13日まで開催中です。翌日の11月14日と15日はネッ担のイベントです。虎ノ門ヒルズでお会いしましょう! 【11/14+15 虎ノ門ヒルズ】無印良品、資生堂、カゴメ、ロクシタンが語るオムニチャネル〜顧客対応&最新物流情報など全50講演 8無印良品のWebサイト刷新のポイント、カゴメの失敗から学んだ成功法則、ロクシタンの組織作りなど。11/14.15虎ノ門ヒルズにて開催 2017/10/13 ヤフーら...   (続きを読む)
4
「LINE@」でオペレーターが顧客に商品提案、トランスコスモスの「日本直販」
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
トランスコスモスは10月18日、通販ブランド「日本直販」でLINE@アカウントを活用した有人対応による問い合わせサービスを開始した。オペレーターがLINE@を通じて顧客とチャットでやり取りし、商品検索のサポートや、画像を使った商品説明などを行う。これまでの電話やFAX、メールの対応に加え、LINE@のチャット機能を顧客対応に活用。柔軟でタイムリーなカスタマーサポートをめざす。日本直販のLINE@アカウントを開設したのは20...   (続きを読む)
5
インスタグラムの利用者急増、意外にも50代超の男性利用も増加中
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
視聴行動分析サービスを提供するニールセンデジタルは9月26日、国内におけるSNSアプリの利用者数に関するレポートを公表した。Instagram(インスタグラム)の利用者が急増し、若年女性だけでなく50代以上の男性ユーザーも増えていることがわかった。2017年8月の大手SNSアプリの利用者数は、Twitterが前年同月比19%増の2656万人、Facebookが同7%増の2252万人、Instagramが同43%増の1706万人。Instagramの利用者数は他のSNSより少な...   (続きを読む)
6
「アマゾンとも競争できる」 アシックスがフィットネスアプリを買収した理由 | 海外のEC事情・戦略・マ...
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
フィットネスアプリの「Runkeeper」を8500万ドルで買収したアシックス。新たなテクノロジーを利用して、消費者とのつながりを強化しています。なぜアシックスは消費者と直接的な関係を作ろうとしているのでしょうか。老舗スポーツメーカーがアプリ運営企業をなぜ買収したのか 「1949年創業のスポーツブランドであるアシックスは、フィットネス関連商材を消費者がどのように購入してきたのか、その変遷を長きにわたって見てきま...   (続きを読む)
7
クラウド型ECソリューション「Salesforce Commerce Cloud」の導入支援、TIS
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
TISインテックグループのTISは10月12日、セールスフォース・ドットコムと販売代理店契約を締結し、クラウド型eコマースソリューション「Salesforce Commerce Cloud(セールスフォース・コマース・クラウド)」の導入サービスを展開すると発表した。TISは、データの収集・分析から施策実行までを実現する「Commerce Cloud」を統合マーケティング・ソリューション「TIS MARKETING CANVAS(ティアイエス・マーケティング・キャンバス)...   (続きを読む)
8
バイクEC大手のリバークレインが注文当日の夜間配送を開始、手数料はポイントで還元
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
バイクEC大手のリバークレインは9月29日、国内最大規模のバイクECサイト「Webike(ウェビック)ショッピング」において夜間や早朝の配送を東京23区で開始した。在庫がある商品に限り、14時59分までの注文は当日21時〜24時、それ以降は翌日6時〜9時の早朝に商品を届ける。東京23区内では通常の配送時間に加え、早朝の6〜7時、7〜8時、8〜9 時と、夜間の21〜22時、22〜23 時、23 〜24時で配送時間帯を指定できる。サービスを利用す...   (続きを読む)
9
【世代別調査】スマホやテレビ、SNSの利用率は世代によってどれくらい違う?
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
コンサルティングファームのデトロイトトーマツコンサルティングは10月17日、デジタルデバイスの保有割合や利用状況を世代別に調査した「デジタルメディア利用実態調査」の結果を公表した。各世代別のメディア保有・メディア利用についての概況 世代別のスマホ保有率は14〜19歳が84%で最も高い。年齢が上がるにつれ所有率は下がり、20〜33歳は82%、34〜50歳は70%、51〜69歳は58%、70歳以上は28%だった。薄型テレビの保有率はス...   (続きを読む)
10
流通額15兆円の中国EC大手JD.comが実店舗を大量出店するワケ
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
中国EC大手のJD.com(京東商城)が実店舗への進出を加速している。JD.comが取り扱う商品を販売する店舗は8月現在、92店舗を展開。これを2017年末までに300店舗へ増やす。店舗形態は直営店ではなく、フランチャイズ制を採用。JD.comの膨大なビッグデータを活用し、品ぞろえや在庫数などをそれぞれの店舗ごとにローカライズしているという。JD.comが手がけるオフラインにおけるビジネスモデル、その狙いとは。目的はリアルの場での...   (続きを読む)
11
送料値上げ対策で物流会社がタッグ、配送コストを抑える「共同仕分宅配センター」設立
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
物流サービスやEC支援事業などを手がけるライフポーターは2018年3月、首都圏の中小運送会社や倉庫会社など約10社と共同で宅配便の仕分けや配達を行う「共同仕分宅配センター」を設立する。通販事業者から集荷した荷物を千葉県浦安市内にあるライフポーターの倉庫内で仕分けし、関東の顧客に配送する。仕分け作業の効率化を図るほか、配送エリアを人口密集地域に限定することでコストを削減。宅配便の運賃は大手宅配便の約5割程...   (続きを読む)
12
「炊飯器の釜を厚くし過ぎても意味はない」。アイリスオーヤマが気付いた「売れるポイント」【ネッ担ま...
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
横並びの開発をしていても、商品の選択肢がそれほどない段階なら無駄に高機能な商品を作っても買ってもらえます。しかし、消費者目線で開発する企業が出てきたらそこに流れます。競合他社は自社の商品を買ってくれないので、そんなところを見ていても意味がないんですけどね。商品開発は自社の都合より消費者目線で アイリスオーヤマの炊飯器を他メーカーが警戒するワケ | ダイヤモンド・オンライン http://diamond.jp/articles...   (続きを読む)
13
ヤフーら参加の「いい買物の日」10/17スタート、94社が参画する大規模イベント
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
ヤフーなど94社は合同で、大規模セール「いい買物の日」を10月17日から11月13日まで実施する。EC事業者やリアル店舗を持つ小売業者、メーカーらが企業の枠を超えて大規模セールなどを順次展開する。大規模セール「いい買物の日」は2017年で3回目。ヤフー、アスクル、ソフトバンク、ファミリーマート、TSUTAYA、エディオン、ドトールコーヒー、キリンなど、流通小売事業者やEC事業者、飲食事業者など、前年比約2.4倍の94社(192ブ...   (続きを読む)
14
丸井のネット通販、店舗受取をマルイの24店舗に拡大
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
丸井グループは10月12日、通販サイト「マルイウェブチャネル」の店頭受取サービスの対象店舗を、福岡マルイを除く全国24店舗のマルイに拡大すると発表した。店頭受取の拠点を増やすことで顧客の利便性を高める。また、EC市場の拡大にともなう宅配荷物の急増が社会問題化していることに対応する。店頭受取サービスは2017年9月まで7店舗(新宿本館、北千住、池袋、横浜、大宮、静岡、なんば)で実施してきた。店頭受取を24店舗に拡...   (続きを読む)
15
【最新版】中国越境EC市場&モール状況 (2017年9月) | 上海で働く駐在員の中国EC市場リポート
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
今回は最新の中国越境EC市場について、中国の調査会社iiMedia Researchの調査結果と、弊社独自のマーケティングデータをもとに解説します。中国のECモールの状況は日本にいるとわかりにくいと思います。中国越境EC市場の今をご覧ください。?どれくらいの人が越境ECを利用しているのか まずこちらが中国越境ECの人口。図1 中国における越境EC人口 ここで着目すべきは、2018年には越境ECを利用する中国のネット通販人口が7,400万...   (続きを読む)
16
配送運賃にコスト変動を加味する 「法人顧客プライシングシステム」など、ヤマトの宅急便改革まとめ | ...
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
ヤマトホールディングスは、夕方から夜間にかけての配達を専門に行うドライバーを2019年度までに1万人雇用する。現在配達業務を行っているセールスドライバーなどの労働環境改善に向けた取り組みで、宅急便は18年度まで取扱量を抑制するが、19年度以降は新たな配達専門のドライバーのネットワーク構築などにより成長が続くネット販売市場へ対応するため集配のキャパシティ拡大へ転換する。デリバリー事業を担うヤマト運輸が10月...   (続きを読む)
17
セブン&アイの通期EC売上げ1400億円見込む。中間EC売上は10%増の526億円
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
セブン&アイ・ホールディングスの2017年3-8月期(中間期)連結業績におけるEC売上高は、前年同期比10.6%増の526億7300万円だった。セブンネットショッピングの売上高が約1.8倍に増えたほか、イトーヨーカドーやロフト、そごう・西武の通販が伸びた。セブン&アイの中間期EC売上(画像は編集部がIR資料からキャプチャ) 2018年2月期のEC売上高は前期比43.4%増の1400億円を計画している。EC売上高はグループを横断したECサイト「omni7(...   (続きを読む)
18
EC物流の課題はどう解決する? グッドマン&船井総研ロジの物流セミナー【10/24開催】
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
物流不動産のグッドマンジャパンは10月24日(火)、物流業界の課題を解決するための方法や体制作りをテーマにしたセミナーを千葉県印西市で開催。合わせて、グッドマンが保有する最新の物流施設を見学できる内覧会も行う。当日は2部構成。1部は「物流業界の現状と課題〜解決策と目指すべき体制〜」と題して、船井総研ロジの役員などが登壇。EC物流の課題などをどう解決していくのかといったことを説明する。2部ではグッドマンの最...   (続きを読む)
19
最も使われたECアプリは「Amazon」、実店舗系はジーユーがトップ【2017年上期】
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
アプリ市場の調査分析サービスなどを手がけるApp Annie(アップアニー)が10月12日に公表した小売り系アプリの利用実態調査「小売アプリにおけるデータ活用」によると、2017年上半期に日本で最も利用されたECアプリは「Amazon」だった。アップアニーは小売り系アプリの利用状況について、EC中心の「デジタルファースト型」と「実店舗・オンライン併用型」に分類し、それぞれの月間アクティブユーザー(MAU)を基にランキング化した...   (続きを読む)
20
ファッションセンターしまむらが始める「疑似EC」とは?/ヤマトの「ゲートウェイ構想」【ネッ担アクセス...
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
ありそうでなかった「しまむら」の通販。宅配ではなく店舗受け取りで、来年からスタートするそうです。本格的なECに発展するんでしょうか? 2位のヤマトHD「関西ゲートウェイ」の取材記事も注目を集めました。しまむらが始めるネット通販、約1400店の実店舗を生かすその仕組みは? 12スマホでチェックして気になった商品を最寄り店舗で受け取れる「“疑似EC”から始める」(野中正人社長) 2017/10/10 ヤマトHDがあの競合他社とタッグ...   (続きを読む)
21
セブン&アイとLOHACOがコラボした都市型の生鮮EC「IYフレッシュ」が11/28に始動
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
セブン&アイ・ホールディングスとアスクルは10月12日、生鮮食料品のECサービス「IYフレッシュ」を11月28日に開始すると発表した。セブン&アイが取りそろえた野菜や果物、加工食品など約5000種類の食料品を、アスクルの日用品ECサイト「LOHACO」の物流網を活用して配送する。サービスのメインターゲットは、家事や仕事、育児に忙しい都市部の30代〜40代の女性。生鮮食品をスマホで手軽に注文できる「都市型の生鮮EC」をめざす。...   (続きを読む)
22
ユニクロのEC売上高は15%増の487億円、EC化率は6.0%[2017年8月期]
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが10月12日に発表した2017年8月期通期連結決算によると、国内ユニクロ事業におけるEC売上高は前期比15.6%増の487億5300万円だった。同事業の売上高は8107億円。EC売上高が占める割合を示す構成比率は同0.7ポイント増の6.0%だった。国内ユニクロ事業におけるEC売上高の推移。決算期は8月期 2016年8月期の伸び率は同30.1%増だったが、2017年8月期は同15.6%増にと...   (続きを読む)
23
音声ショッピングの時代は来るか? 「買い物コンシェルジュ」機能に期待は約2割
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
KDDIが10月5日に発表した「日本人の音声操作に対する意識調査2017」によると、音声アシスタントを搭載した機器やロボットに将来任せたい役割として「買い物コンシェルジュ(買い物支援)」を選択したのは17.6%だった。男女別では女性の19.4%、男性の15.8%が音声による買い物支援に期待している。年代別では10〜30代は約20%で、40代は13.9%、50代は11.9%、60代は17.9%。音声アシスタントを搭載したロボットに任せたい役割の1位は「...   (続きを読む)
24
ベルーナが人材紹介事業に参入、通販子会社のアンファミエを通じて看護師の転職を支援
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
ベルーナの子会社で看護師向け通販事業を手がけるアンファミエは10月10日、通販事業で蓄積したデータベースを活用し、看護師の求人情報サイトを開始、人材紹介サービス事業に参入した。サイトの名称は「ナースキャリアネクスト」。看護師は無料で総合病院や専門病院の求人情報を閲覧できる。キャリアアドバイザーが求職者と事業者の間に入り、看護師の就職をサポートする。転職に関わるアドバイスを対面や電話で行う。通販事業...   (続きを読む)
25
デジタルアシスタントは商売にどう使う? 「Amazon Alexa」などEC活用の3ポイント | 海外のEC事情・戦略...
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
旅行関連商品のネット販売を手がけるEBags、花のEC会社1-800-Flowersは、クラウド上で実行される音声アプリ「Amazon Alexa Skills」(Alexa Skills)を使用し、自社ECサイト用の音声ショッピング機能を提供、注文件数を伸ばしています。小売事業者はデジタルアシスタントに投資すべきか? 国際ショッピングセンター評議会(ICSC)の最新調査によると、消費者の37%は買い物リストの作成、店頭で商品を受け取るための事前注文に、何ら...   (続きを読む)
26
オンワード、オムニチャネルのオーダーメイドスーツ事業をスタート
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
オンワードホールディングス子会社のオンワードパーソナルスタイルは10月7日、オーダーメードスーツの新ブランド「KASHIYAMA the Smart Tailor(カシヤマ ザ・スマートテーラー)」を立ち上げた。全国13か所に展開していた「Sebiro&co.,」の店舗をリニューアルし、全店を「KASHIYAMA the Smart Tailor」に変更。店舗とECサイトが連携してオーダーメードスーツを販売する。顧客は身体のサイズデータを専用サイト上に登録しておくと...   (続きを読む)
27
音声ショッピング、試着EC、家具レンタル 急変するネットショップのトレンドまとめ | ネットショップ担...
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
今週は流れの変わり目を感じさせるようなニュースが多い週でした。流れを読んでいれば変わり目にも冷静に対応できるはずです。音声ショッピングは一気に拡大&競争激化 「Alexa」と「Amazon Echo」、年内に日本上陸 | ITmedia NEWShttp://www.itmedia.co.jp/news/article... グーグルがスマートスピーカー「Google Home」を日本展開、米国では音声ショッピングも提供 | ネットショップ担当者フォーラムhttps://netshop.impress.c...   (続きを読む)
28
土屋鞄製造所、ファンを魅了するSNS運営の裏側 | はぴさやがゆく! ネットショップの裏側探検記
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
土屋鞄製造所との出会いは、Facebookのフィードに流れてきた美しい写真でした。Instagramをチェックしてみたら、こちらもすごくステキな世界観。お話を伺うまでは、「社外のプロのカメラマンとコピーライターのお仕事なんだろうな〜」なんて思っていたのですが、なんとすべて内制です。どんな風にコンテンツを作っているのか聞いてみたくて、東京足立区西新井の本社に伺いました。写真◎吉田浩章 土屋鞄製造所は、創業者の土屋國...   (続きを読む)
29
日本初の自動走行宅配ロボットが登場、ラストワンマイルの課題解決めざす
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
自動運転技術の開発などを行うZMPは10月8日、自動走行する宅配ロボットの実証実験を六本木ヒルズ内で実施すると発表した。六本木ヒルズ内の物流センターや店舗から、森タワー内のオフィスにロボットが荷物を運ぶ。ZMPによると自動走行の宅配ロボットサービスは日本初。配送業界の人手不足が深刻化する中、物流のラストワンマイル問題の解決をめざす。宅配用自動運転ロボットの名称は「CarriRo Delivery(キャリロデリバリー)」。...   (続きを読む)
30
「ZOZOTOWN」でペット用品を販売、専門店が初出店
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
雑貨のECなどを手がけるトランスは10月5日、ペット用品専門のセレクトショップをファッションECサイト「ZOZOTWON」に出店した。犬用の衣類や首輪など、自社ブランドを含む11ブランドを販売している。トランスによると、スタートトゥデイが運営する「ZOZOTOWN」にペット用品専門店が出店するのは初めて。ショップの名称は「Pet s Closet(ペットクローゼット)」。オリジナルブランド 「Calulu(カルル)」 のほか、ARNOLDPALMER(ア...   (続きを読む)
31
しまむらが始めるネット通販、約1400店の実店舗を生かすその仕組みは? | 通販新聞ダイジェスト
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
カジュアル衣料大手のしまむらは、来年をメドにWebで注文した商品を最寄りの店舗で受け取れるサービスを始める。当面は宅配には対応しないが、利用状況や費用対効果などを見極めて本格的なEC参入や専用倉庫の確保なども視野に入れる。ユニクロなどSPA(製造小売り)型のファストファッションブランドがEC展開を加速する中、しまむらは仕入れ型の事業モデルで、低単価かつ多品種が特徴のため通販参入には消極的だったが、ファスト...   (続きを読む)
32
フルッタフルッタのECサイトでカード情報流出か。セキュリティコードも漏えいの可能性
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
果実ジュースを販売するフルッタフルッタは10月5日、公式通販サイト「フルッタフルッタ オンラインショップ」から、最大627人分の顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があると発表した。セキュリティコードも漏えいした恐れがある。ECサイトのWebサーバーに外部から不正アクセスがあり、不正プログラムが仕組まれたことが原因。流出した可能性のあるクレジットカード情報は、氏名とカード番号、住所、カードの有効期限...   (続きを読む)
33
アディダスがオムニチャネル強化、店舗受取や店頭返品サービスを開始
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
アディダスジャパンは10月5日、「アディダス オンラインショップ」と「リーボック オンラインショップ」の2つのECサイトで、店頭取置・店頭決済サービスや、店舗で返品を受け付けるサービスを正式導入したと発表した。オムニチャネルサービスを強化し、購入者の利便性を高める。店頭取置・店頭決済サービスの名称は「CLICK&COLLECT pay at store」。オンラインショップで商品を選択し、ユーザーが選んだ店舗で試着してから購入...   (続きを読む)
34
グーグルがスマートスピーカー「Google Home」を日本展開、米国では音声ショッピングも提供
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
Googleは10月6日、音声で作動する人工知能搭載のスピーカー「Google Home」を発売する。音声認識の人工知能「Googleアシスタント」を搭載しており、ユーザーは声で検索や音楽の再生、予定の管理、簡単な翻訳などを行える。グーグルが展開するスマートスピーカー「Google Home」(出典はGoogle Japan Blog) ユーザーが「Google Home」に「OK Google」と話しかけると作動する。ユーザーが質問すると、答えをWeb上から探し出し、音...   (続きを読む)
35
「送料はお客さまのご都合やお気持ちで 」ZOZOの送料自由スタート【今週のアクセスランキング】 | 週間...
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
スタートトゥデイは4,999円以上の購入で送料無料という制度を停止し、送料を利用者が決める制度を10月1日から開始しました。指定がなければ400円ということですが、いくらが多いのでしょうか。「ZOZOTOWN」で消費者が送料を決める制度、スタートトゥデイが業界初の取り組み 27「ZOZOTOWN」で購入した商品の送料を消費者が決める制度をスタート 2017/10/1 ショップ写真vsインスタグラマー写真どっちが売れる? ハンドメイドECで売...   (続きを読む)
36
ヤマトHDがあの競合他社とタッグを組む? 三大都市圏の幹線輸送でシェア運行を検討へ
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
配送キャリアは「競争」から「共創」へ 物流業界が一致団結し、物流の生産性向上の実現に向けて第一歩を踏み出すかもしれない。ヤマトホールディングスは10月5日、関東と中部の2拠点を結ぶ関西の物流拠点「関西ゲートウェイ」の稼働を受け、三大都市圏の幹線輸送において同業他社との共同運行の導入を進めていく方針を明らかにした。同日に行われた「関西ゲートウェイ」の開所式典で、山内雅喜社長らが言及した。「関西ゲートウ...   (続きを読む)
37
三井不動産がECモール運営に参入、商業施設連動の「Mitsui Shopping Park &mall」を11/1オープンへ
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
三井不動産がファッションECモールの運営に乗り出す。グループで運営する商業施設と連動し、新たなショッピング体験を創出するファッションECモール「Mitsui Shopping Park &mall(アンドモール)」を2017年11月1日にオープンする。三井不動産によると、「Mitsui Shopping Park &mall」は「リアル店舗における買い物とネットショッピングの双方の良さを同時に享受できる新しいコンセプトのファッションECモール」としている。ティ...   (続きを読む)
38
物流のAI活用やロボット化が加速、市場規模は2025年に8500億円
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
富士経済は9月29日、物流関連のシステムやサービスの市場動向をまとめた「次世代物流ビジネス・システムの実態と将来展望 2017」を公表、人工知能(IA)やIoTを活用した次世代物流システム市場が2025年に現在の約2倍となる8496億円に拡大すると予測した。同報告書は「ロボティクス・オートメーション」「ロジスティクスファシリティ」「IoT」「AI」といった次世代物流システムの市場規模を調査。物流向けドローンや自動搬送・仕分...   (続きを読む)
39
アマゾンの「1-Click注文」特許失効は、ECサイトやベンダーの新たなビジネスチャンス? | 海外のEC事情・...
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
ネット通販でのワンクリック注文は近い将来、一般的に普及するでしょう。小売事業者が運営するECサイト向けにさまざまなベンダーがワンクリック注文ツールを開発しています。しかし、消費者が利用できるようになるのは少し先のようです。1-Click注文は当たり前の機能になる Amazon(アマゾン)は、利用客の支払い情報と配送情報を管理し、ワンクリックで買い物できる技術の特許を取得していました。インターネットリテイラー社発...   (続きを読む)
40
アマゾンが急成長のファッションECを強化、専用の撮影スタジオを開設へ
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
アマゾンジャパンは10月4日、2018年春にファッションEC用の撮影スタジオを東京・品川区内にオープンすると発表した。ECサイトなどに掲載する商品写真や動画を撮影。自前の撮影スタジオを構え、急成長しているファッション分野を強化する。撮影スタジオの総面積は約7500平方メートル。11のスチール撮影エリアと5つの動画撮影エリア、2つの編集スタジオ、ヘア&メイクエリア、ライブラリー、ラウンジ、会議室を完備する。年間100万...   (続きを読む)
41
女性が最も使うアパレルECサイトは「大手総合ECモール」で約3割
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
マーケティングリサーチを手がけるマーシュが10月3日に公表した、20〜40代の女性を対象としたファッション製品の購入実態調査の結果によると、ファッションECの利用率は約7割に達し、最も頻繁に使われているサイトは楽天市場などの「総合ショッピングサイト」だった。インターネットで私服を購入する際、最も頻繁に利用するECサイトやアプリを質問したところ、楽天市場やAmazonなどの「総合ショッピングサイト」が31.6%で最も多...   (続きを読む)
42
アマゾンの「Amazon Alexa」は音声ショッピングもできる。EC企業が知っておきたいこと
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
ついに、2017年に日本でリリースされることが発表されたAmazonの音声認識機能「Amazon Alexa」と人工知能搭載スピーカー「Amazon Echo」。先行的に展開されている米国での状況などを踏まえ、ネット通販事業者が押さえておきべきポイントなどをまとめた。米国では「Alexa」経由で「Amazon.com」の商品を販売 10月2日(月)の13時。アマゾンジャパンは「Alexa」「Amazon Echo」の年内リリースを発表した。「Amazon Alexa」はAmazon...   (続きを読む)
43
衆院解散にみるECの景気動向 今後の消費予測から中長期を見据えた戦略を立てよう | 竹内謙礼の一筆啓上
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
衆議院の解散(9月28日)は、短期的ならびに中長期的にネット通販へどのような影響を与えるのでしょうか? 政治情勢によって消費が左右されることはままあり、政治とネット通販は切っても切れない関係なんです。中長期的な戦略を立てるために、今後の政局の情勢は注意しておくべきでしょう。10月の選挙期間中は「消費減退」 まず、選挙期間中の消費に関しては、残念ながら追い風にはならないと予測します。選挙期間中は消費者の感...   (続きを読む)
44
ニトリの中間期EC売上は144億円で3割増、店舗とECの連動を強化
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
ニトリホールディングスの2017年3-8月期(中間期)における通販売上高が前年同期比30.1%増の144億円だった。連結売上高に占めるECの割合(EC化率)は5%。オンラインショップと店頭の連携を強化することで、通販事業の売り上げを伸ばしている。2016年7月にECサイトで販売した商品の店頭受取サービスを開始。2017年6月には、店頭で販売されている商品のバーコードをスマホでスキャンし、注文と発送手続きを行えるサービス「手ぶらdeシ...   (続きを読む)
45
ショップ写真vsインスタグラマー写真どっちが売れる? ハンドメイドECで売上10倍UPの事例紹介
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
インスタグラマーの写真がきっかけで、ハンドメイド販売サイトの売り上げが10倍にアップしたショップの事例を紹介します。なぜ売り上げが飛躍的にアップしたのか、ショップオーナーへのインタビューと3つの視点で分析した内容をお届けします。写真を変えただけで売り上げ10倍にアップ?! 具体的な話をする前に、まずこちらの2つの写真をご覧ください。販売商品は、emuz-mode(エムズモード)のハンドメイド「絵本棚」です。あなた...   (続きを読む)
46
日本郵便の再配達削減施策、ロッカー利用にポイント付与などキャンペーンを延長
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
宅配便の再配達の削減に取り組む日本郵便は9月29日、宅配便の荷物を郵便局や宅配ロッカーなどで受け取った顧客にポイントを付与するキャンペーン「郵便局、コンビニ、『はこぽす』で受け取ろうキャ ンペーン」を延長すると発表した。当初は2017年4月25日から9月末までの予定だったが、キャンペーン期間を2018年3月31日(土)まで延長する。? 10月1日以降、郵便局で荷物を受け取った場合は従来より10ポイント高い60ポイントを付与...   (続きを読む)
47
マイルやdポイントが「自治体ポイント」に変換可能! って何に使えるの?【ネッ担まとめ】 | ネットショッ...
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
マイナンバーを普及させたいのはわかりますが、「自治体ポイント」なる謎のポイント制度を作ったところで、利用者にメリットが何もないですよね。利用までのハードルが高すぎますし、ネットショッピングで使うのなら、既存のポイントのままの方がいいですからね。「自治体ポイント」の存在を知っておけばいいかも 自治体ポイントナビ | 自治体ポイントナビ https://www.point-navi.soumu.go.jp/poi... マイキープラットフォーム...   (続きを読む)
48
EC企業の課題は「売上に直結した施策」「デジマ対応の全社的な組織改革」
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
インフルエンサーマーケティングを手がけるリデルは9月29日、EC事業者が抱えているマーケティングの課題に関するアンケート調査の結果を公表、「売上に直結した施策を探している」「デジタルマーケティングに対応した組織改革が進まない」といった声があがっている。マーケティング全般における課題の上位には、「売上に直結した施策を模索している」(24.1%)、「デジタルマーケティングに対応した全社的な組織改革が進まない」(...   (続きを読む)
49
資生堂グループのベアエッセンシャルがECシステムを刷新
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
資生堂グループのベアエッセンシャルは通販・ECシステムを刷新し、ワークスアプリケーションズの「COMPANY」ECシリーズを導入した。ベアエッセンシャルは2016年3月にコミュニケーション戦略の中心だったインフォマーシャルを終了。店舗とネット通販で売り上げを伸ばす戦略に方向転換することを決定した。この戦略を進めるために既存のコールセンターシステムとECサイトシステムのリプレイスを決定。実績などを含め、「COMPANY」...   (続きを読む)
50
人件費は3割減! AI搭載ロボットが実現するEC物流の「省人化」「コスト減」「正確性」
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
中国EC大手のアリババグループも使うAI搭載の物流ロボット「Geek+」(ギークプラス)を導入した物流フルフィルメントのアッカ・インターナショナル。加藤大和社長は「年間ベースで2〜3割の人件費削減効果がある」と言う。ロボットへの先行投資による自助努力でコスト削減と業務効率化を実現し、クライアントであるEC企業の配送単価抑制を支援できるのではないかと加藤社長は期待する。物流の担い手不足、配送単価の高騰など、ネッ...   (続きを読む)
51
中小機構がEC・IT活用支援パートナー制度、ネット通販支援事業者の登録募集をスタート
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)は、ECやITの導入支援事業者と連携した取り組みを強化する「EC・IT活用支援パートナー」制度を立ち上げた。中小企業・小規模事業者のEC・IT活用による販路開拓や生産性の向上が目的。10月2日(月)から、パートナー事業者の募集をスタートしている。パートナー制度の登録、参加に関する費用負担はないという。ただ、EC活用支援事業への参加など、個別の取り組みに関して費用が発生する...   (続きを読む)
52
「ZOZOTOWN」で消費者が送料を決める制度、スタートトゥデイが業界初の取り組み
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
スタートトゥデイは10月1日、「ZOZOTOWN」で購入した商品の送料を消費者が決める制度をスタートした。送料を消費者が決める制度をスタート(画像は編集部がキャプチャ) 送料を消費者が設定する取り組みは通販・EC業界では初とみられる。スタートトゥデイの前澤友作社長は9月27日に投稿したTwitterで「『ZOZOTOWN』の送料が変わります。通販・業界初の前代未聞の取り組みになる」とコメントしていた。ショッピングカートに進むと...   (続きを読む)
53
「Amazonと物流大戦争」をイー・ロジット角井社長が語るECイベント【10/14大阪】
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
「Amazonと物流大戦争」をテーマに、今後の物流について考える 物流問題に詳しいイー・ロジットの角井亮一社長が登壇するこんなセミナーが、10月14日(土)に大阪で開催される。主催は一般社団法人イーコマース事業協会(EBS)。一般財団法人日本電子商取引事業振興財団(J-FEC)、東海イービジネス研究会(TEK)。参加費は3000円。開催されるのは、全国のEC団体が持ち回りで開いている「全国ECサミット」。5回目の開催となる今回は、送...   (続きを読む)
54
中高年女性はやっぱりベルーナがお好き。カタログ通販が好調で売上増【今週のアクセスランキング】 | 週...
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
通販売上高のうち78%がカタログ通販というベルーナ。主要カタログの発行部数も前期から5%増の3,600万部。安野清社長は「カタログ通販市場で残存者利益を獲得したい」と語っているそうです。苦戦が続く総合通販でひとり勝ちのベルーナ、なぜ伸びている? 10ベルーナ安野清社長「ZOZOTOWNやSHOPLISTのように、他社商品を販売することも選択肢に入っている」 2017/9/25 【2017年版】EC売上高ランキングまとめ 1位Amazon、2位ヨドバ...   (続きを読む)
55
家電業界初、コジマが通販サイトにアマゾンの決済サービス「Amazon Pay」を導入
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
家電量販のコジマは9月28日、ECサイト「コジマネット」に家電業界で初めてAmazonが提供するオンライン決済サービス「Amazon Pay」を導入した。家電ジャンルはAmazonの人気ジャンルの1つ。Amazonアカウントを保有する消費者の利用促進につなげたい考え。「コジマネット」の利便性を向上し、新規獲得、リピート促進を狙う。家電業界は限られた粗利の中で価格を競い合う価格競争が激しい業界。ネット通販も同様で、粗利を少しでも...   (続きを読む)
56
店舗で試着、購入はECで。「洋服の青山」がデジタル・ラボ2店舗オープン
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
紳士服販売チェーン「洋服の青山」を展開する青山商事は9月15日、実店舗とオンラインショップが融合した次世代型店舗「デジタル・ラボ」の2号店を東京・蒲田にオープンした。9月29日には東京・調布市に3号店を出店する。「デジタル・ラボ」の来店客は店内で試着した後、店内に設置された大型デジタルサイネージやiPadを使ってオンラインショップで商品を購入できる。オンラインショップの在庫は全国の店舗在庫と連動しているた...   (続きを読む)
57
ロコンドと大塚家具が協業 ロコンドは家具分野に進出、大塚家具は販路拡大
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
靴とファッションのECサイトを運営するロコンドと、家具販売大手の大塚家具が協業を開始した。田中裕輔社長(写真左)と大塚家具の大塚久美子社長 ロコンドの協業目的 ロコンドは9月26日、家具のECサイト「LOCONDO HOME(ロコンドホーム)」を開設し、大塚家具のソファーやベッドなど約3000品目の販売を開始。大塚家具が「ロコンドホーム」に出品し、大塚家具の倉庫から商品を直送する。ロコンドは大塚家具と連携することで家具ECに...   (続きを読む)
58
パタゴニアのオムニチャネル戦略、ECアプリが担う5つのポイント
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
アウトドア用品やアパレルなどの製造販売を手がけるパタゴニアは8月31日、オムニチャネルを推進するための新たなスマホアプリを導入した。ECや会員登録、ストア検索、コンテンツ発信、チャットサービスなど、オムニチャネルを推進するさまざまな機能を搭載。ECと実店舗をつなぐ起点としてアプリを活用していく。パタゴニアが新たにリリースしたアプリは、主に5つの機能を備えている。会員証機能 パタゴニアが利用しているECソリ...   (続きを読む)
59
「音声検索時代」に向けたECサイトのSEO対策 検索広告の未来、効果が出る方法は? | 海外のEC事情・戦略...
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
近い将来、間違いなく訪れる音声検索時代に向けて、ネット通販事業者や小売事業者は今すぐ取り組むべきことがあります。ただ、音声検索での広告については気を付けておきましょう。消費者に大きなストレスを与えてしまう可能性があるのです。音声検索は地元の情報を検索するときに使用される ビジネス業界のニュースでは、音声検索の新たな展開が取り上げられない日はありません。最近の大きなニュースは、Walmart(ウォルマート...   (続きを読む)
60
KDDIのECモール「Wowma!」、グループサービス「ママリ」「ニュースパス」「スポーツブル」と連携開始
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
KDDIコマースフォワードは9月25日、ECショッピングモール「Wowma!」とKDDIグループが提供する3つのWebサービスが連携し、プロモーション施策を開始したと発表した。「ママリ」「ニュースパス」「スポーツブル」の会員に「Wowma!」のクーポンを付与し、ECモールの利用を促す。KDDIグループのサービスと連携を深めることで、ECの新たな顧客接点を創出する。「Wowma!」とKDDIグループのサービス連携 「ママリ」は妊娠中や出産後の...   (続きを読む)
61
【2017年版】EC売上高ランキングまとめ 1位Amazon、2位ヨドバシ、3位千趣会 | 通販新聞ダイジェスト
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
通販新聞の姉妹誌「月刊ネット販売」による売上高調査「ネット販売白書」の結果では、2016年度のネット販売実施企業上位300社の合計売上高は3兆6322億円となった。前年調査の3兆2522億円に比べて11.7%拡大。今回もアマゾンジャパンが2位以下の企業を大きく引き離してトップとなり、ネット販売市場をけん引する格好となっている。(9月25日発売の「月刊ネット販売」10月号「第17回ネット販売白書」に300社の売上高ランキングと商...   (続きを読む)
62
TSI、ベイクルーズのEC責任者が語るアパレルECのこれから【10/12セミナー開催】
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
ワークスアプリケーションズは、「アパレルECのイマと未来を語る」をテーマに、TSIホールディングスとベイクルーズのEC責任者がパネルディスカッション形式で語り合うセミナーを10月12日に都内で開催する。アパレルECは現在、オムニチャネルへの対応、外部ECモールとの関係性、フリマアプリの台頭など大きな変革の時代を迎えている。成功事例、未来への対応といったテーマで、アパレルECの取り組みを見ていく。パネルディスカッ...   (続きを読む)
63
「急ぎません。便」が好評。「急がず・まとめて・取りに行く」が配送のトレンドに。【ネッ担まとめ】 | ...
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
すぐに届けて欲しいものもありますが、そうじゃないものも多いですよね。受け取りのために自宅にずっといることもできませんから、「急がず・まとめて・取りに行く」というのは自然な流れ。速さだけではなく、ユーザーに選択肢を持ってもらうのが大切ですね。世の中の流れをつかむとお客様の共感を得ることができます 「急ぎません。便」初日の利用率20% 「予想以上の反響」 | BuzzFeeD https://www.buzzfeed.com/jp/harunayama...   (続きを読む)
64
セブン&アイ、オムニチャネル戦略の強化で「Salesforce」を導入
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
セブン&アイ・ホールディングスはこのほど、CRM機能やマーケティングオートメーション機能などを備えたクラウド型ビジネスアプリケーション「Salesforce Service Cloud」を導入した。グループ全体で顧客情報を一元管理し、リアル店舗とECの垣根を超えて顧客1人ひとりに最適化したサービスの提供をめざす。9月25日にセールスフォース・ドットコムが、セブン&アイにシステムを導入したことを発表した。セブン&アイは「Salesforce ...   (続きを読む)
65
ヒマラヤのオムニチャネル施策、ECとリアルを融合した店頭注文サービスをスタート
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
スポーツ用品やレジャー用品の小売店を全国108か所に展開するヒマラヤは9月25日、店頭にタブレット端末を配置し、販売員がオンラインショップの商品を顧客に提案する新たな取り組みを開始した。店頭在庫が欠品した場合、来店客にオンラインショップを案内する仕組み。受注後の商品手配フローを自動化することで、納期を最短で注文翌日に短縮した。オンラインショップで注文した商品の支払いや受け取りを店頭で行うことも可能。...   (続きを読む)
66
台湾の通販・EC事業が黒字化、売上は5.5億円。化粧品通販のメディプラス
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
化粧品通販を手がけるメディプラスは9月21日、2017年8月期の台湾事業売上高が5億5000万円を超え、2013年の現地法人設立から4年で初めて事業黒字化を達成したと発表した。前年度から社員1名が現地に常駐し、現地のパートナー企業と緊密に連携を取りながら、新規顧客獲得の効率化やコストの見直しに取り組み、黒字化を果たした。2018年8月期の台湾事業の計画は、売上高が前年比40%増の7億7000万円、顧客数は17万人に設定した。同...   (続きを読む)
67
農水大臣、オイシックスと大地を守る会の経営統合は「農産物流通等の合理化に資する」
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
齋藤健農林水産大臣は9月22日の記者会見で、オイシックスドット大地と大地を守る会の経営統合(10月1日付)について、「農産物流通の合理化に資するものと認められる」などと評価した。2017年8月に施行された農業競争力強化支援法に基づき、2社の経営統合を税制特例の第1号案件に認定した理由を説明した。齋藤農相は、2社が経営統合することで経営資源の集中や、事業への相乗効果が見込めると指摘。生産者の販売機会の拡大や、農...   (続きを読む)
68
苦戦が続く総合通販でひとり勝ちのベルーナ、なぜ伸びている? | 通販新聞ダイジェスト
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
ベルーナの2018年3月期連結業績は、売上高は前期比9.5%増の1600億円、営業利益は同19.5%増の130億円を見込む。同社では、前期からスタートした3カ年の経営企画において、19年3月期の売上高目標を1600億円、営業利益目標を160億円としていたが、売上高については1年前倒しで今期中に達成する見通しだ。前期は主力の総合通販事業も増収増益となるなど好調を維持する同社だが、その理由はどこにあるのか。通販売上の約8割がカタロ...   (続きを読む)
69
【再配達削減】ECカートと日本郵便が連携、システム面から配送サービス拡充
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
EC支援サービスを手がけるハンズは9月21日、ASPショッピングカート「e-shopsカート2」と「e-shops クレヨン」において、日本郵便が提供している「コンビニ・郵便局窓口受取サービス」とシステム連携したと発表した。「e-shopsカート2」「e-shops クレヨン」導入しているECサイトで買い物をする消費者は、荷物の受取場所として全国4万8400か所のコンビニや郵便局などを指定することが可能。受け取り先に商品が到着しことを知らせ...   (続きを読む)
70
人気ECアプリランキング/セブン&アイがECモールを開設【今週のアクセスランキング】 | 週間人気記事ラン...
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
スマートフォンアンケートアプリ「TesTee」を提供する株式会社テスティーが10代〜40代のiPhoneユーザーに対して行った調査が注目を集めました。EC系のアプリで最も人気が高いのはメルカリで6.4%。アプリ全体ではLINEとTwitterが相変わらずの強さです。1位メルカリ、2位Amazon、3位楽天 ホーム画面設置率が高いECアプリ 35ECアプリの設置率を年代別にみると、30代が高い傾向にある 2017/9/19 ECサイトで顧客情報が漏えいか。原因...   (続きを読む)
71
日本生協連の宅配事業供給高は1.2兆円、ネット受注は2698億円[2016年度]
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
322の生活協同組合が加盟する全国日本生活協同組合連合会は9月21日、全国の主要な地域生協による「個配」(個人宅への宅配事業)の2016年度の供給高は前年度比3.3%増の1兆2268億円だったと発表した。地域生協は引き続き宅配事業が好調だった。生協は近年インターネット注文の強化、拡大にも取り組んでいる。第67回通常総会議案書参考資料によると、2016年(1〜12月実績)の宅配事業のネット注文は前年比6.6%増の2698億円。2007年と...   (続きを読む)
72
【再々延期】中国の新越境EC制度、輸入許可書提出など一部施行が2018年末まで延期
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
中国の商務部は9月20日に会見を開き、越境ECの小売り輸入品に関する新制度(新越境EC制度)の一部スタートを、2018年末までに延期することを明らかにした。▼新越境EC制度の詳細(「5分でわかる中国の新越境EC制度。押さえておくべき重要ポイント【最新版】」) 中国政府は2016年4月、新越境EC制度をスタートしたが、現場の混乱などが発生したため制度の施行を2017年5月11日まで延期することを決定。移行期間を設けたものの、2016年1...   (続きを読む)
73
ナノ・ユニバースやABCマートらが語るネット通販成長の秘訣 全13講演のセミナーイベント【10/27開催】
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
ecbeingとソフトクリエイトは、ナノ・ユニバースやエービーシー・マートのEC責任者らが登壇する「eコマース&セキュリティ展」を10月27日に東京都内で開催する。場所は東京・中央区のコングレスクエア日本橋。入場料は無料(事前登録が必要) ▼ナノ・ユニバースやABCマートらが語るネット通販成長の秘訣 全13講演のセミナーイベント 「eコマース&セキュリティ展」は、拡大するネット通販業界において成長を続ける企業などが攻めの...   (続きを読む)
74
高齢者世帯のEC利用率は14.3%、EC支出が多いのは「旅行」「食料」
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
高齢者世帯の7軒に1軒がECを利用しており、利用割合は10年で2.9倍に拡大している。総務省統計局が9月17日に公表した高齢者の実態調査「統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)」によると、2016年に世帯主が65歳以上で2人以上の世帯(高齢者世帯)におけるネットショッピングの利用割合は14.3%だった。利用割合は10年間で2.9倍に拡大した。高齢者世帯におけるEC利用割合の推移(2人以上の世帯) 2人以上の全世帯のネットショッピング...   (続きを読む)
75
ECサイトの離脱理由は「アカウント情報の入力が面倒」「普段使うポイントを貯めたい」
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
複数のECサイトでまとめ買いができるアプリ「HOPPiNG」を提供するマージェリックが9月20日に公表した「ネットショッピングに関するアンケート調査」によると、消費者が初めて利用するECサイトで「買い物を止めた理由」の1位は「アカウント情報(支払情報や住所情報)の登録が面倒だったため」だった。初めて利用するECサイトで、「購入をあきらめた、もしくは条件は悪くなるが普段使いのサイトで購入した理由」を選択式・複数回答...   (続きを読む)
76
オムニチャネルをやる目的は? マルチチャネルとの違いは? 成功するためのポイントは? | 海外のEC事情・...
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
あなたの会社が展開しているのはマルチチャネルですか? それともオムニチャネルですか? それとも、わからない? もしわからない場合は、そのどちらでもないと言えるでしょう。マーケティング担当者はこの2つの用語を同じ意味でよく使います。しかし、マルチチャネルとオムニチャネルは同じ意味ではありません。オムニチャネルとマルチチャネルの両方とも潜在顧客にアプローチするために複数チャネルを使用しますが、それぞれゴー...   (続きを読む)
77
メガネスーパーが「EC関与売上」をKPIに設定し、決算短信で公開した理由
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
メガネスーパーは「EC関与売上」をKPI(業績評価指標)として取り入れ、2017年5〜7月期(第1四半期)連結業績の決算短信から「EC関与売上」の記載を始めた。「EC関与売上」は実店舗に対するデジタルの貢献度を示す指標 2017年5〜7月期(第1四半期)連結業績の決算短信には、「EC関与売上」の説明などが記載されている(画像は編集部がキャプチャ) メガネスーパーは、自社ECサイトの「メガネスーパー公式通販サイト」、「楽天市場」、「...   (続きを読む)
78
アマゾン、出品型の法人向け専用のBtoB通販サイト「Amazon Business」をスタート
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
アマゾンジャパンは9月20日、法人向け専用のBtoB通販サイト「Amazon Business(アマゾン・ビジネス)」をスタートした。「Amazon Business(アマゾン・ビジネス)」の出品サイト(画像は編集部がキャプチャ) 「アマゾン・ビジネス」に出品・販売するには出品用アカウントが必要。そのため、「Amazon マーケットプレイス」を活用している販売事業者が出品できるサービスとなる。「法人価格」「数量割引」「法人限定出品」といった機能...   (続きを読む)
79
NTTレゾナントがサイト内検索に新機能。会話型ECに対応するため価格.comも導入
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
NTTレゾナントはAI型ECサイト内検索ソリューション「goo Search Solution」に新機能「不要語の除外」を追加したと9月14日に発表した。新たに追加した「不要語の除外」は、入力キーワードから自動的に重要なキーワードを抽出する機能。たとえば、検索ボックスに「防水のデジカメ」とユーザーが入力した場合、不要な助詞「の」を削除し、「防水」「デジカメ」という重要キーワードを自動的に抽出して検索結果を表示する。曖昧な言...   (続きを読む)
80
まとめ買いの顧客にポイント付与で再配件数を抑制、アスクルの「LOHACO」
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
アスクルは9月14日、日用品ECサイト「LOHACO(ロハコ)」の1回の注文金額が5000円以上の顧客を対象に、Tポイントを付与するキャンペーンを実施すると発表した。注文金額が5000円以上で50ポイント、1万円以上では200ポイントを付与する。対象期間は2017年10月2日から2018年1月31日。Yahoo! JAPAN IDでログインした顧客が対象。? 国内の宅配便取扱個数が2016年度に40億個を超え、配送現場の人手不足が深刻化するなか、商品の「まと...   (続きを読む)
81
日本人は消費に無関心で、企業や商品に対してロイヤルティを感じない!?【ネッ担まとめ】 | ネットショッ...
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
確かにしっかり検討して買うことがなくなったな〜と感じます。Amazonではワンクリックで買いますし、メルカリでもスパッと購入。購入金額ごとに見れば違うのかもしれませんが、データを見る限りは日本だけが世界の流れに逆行しているのは間違いないです。日本は既存個客向けのサービスが不足している 「日本だけ消費者の無関心化が進んだ」、アクセンチュアが独自調査 | ITpro http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news... まとめ...   (続きを読む)
82
あなたの会社はどのタイプ? 社内におけるECの位置付け、組織、役割について | EC部長が担当者に読んでも...
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
本連載の読者は、既存事業を持っていて、ECやオムニチャネルの取り組む会社のEC担当者を想定しています。「会社がECをどのように考えているか」で、組織、担当者の所属、役割は変わってきます。ECに関する会社の考え方を理解のうえ、それに合わせたサイト・サービスを作るべきですし、その他の業務を遂行していくことが大切です。また、社内を啓蒙したり、他部門との話を空回りさせずに、協力を得ていくためにも必要です。「オ...   (続きを読む)
83
セブン&アイがECモール運営に進出、「omniモール」にニトリやゼビオなどが出店
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
セブン&アイ・ホールディングスは9月19日、グループを横断したショッピングサイト「オムニ7」に出店型のECモール「omniモール」を開設すると発表した。開設予定時期は2017年11月下旬。グループ企業以外の商品を取り扱うことで品ぞろえを拡充する。「omniモール」はインテリア雑貨家具、スポーツ・ゴルフ・アウトドア用品、体験ギフト、オーダーメイドフラワーなどの商品を扱う。ハイブランド品の委託販売や買い取り、ふるさと納...   (続きを読む)
84
ECサイト構築パッケージ「EC-Orange」が「ニフティクラウド」とワンパッケージ化
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
エスキュービズムは、ECサイト構築パッケージ「EC-Orange」を、富士通クラウドテクノロジーズのパブリック型クラウドサービス「ニフティクラウド」とワンパッケージ化し、9月11日から提供を開始した。従来、EC-Orangeの申し込みから納品までには1週間程度かかっていたが、EC-Orangeをニフティクラウドのサーバーにワンクリックでインストールできるようになっため、所要時間がおよそ10分程度に短縮された。エスキュービズムは「...   (続きを読む)
85
ECサイトで顧客情報が漏えいか。原因は通販サイト構築・運営サービスへの不正アクセス
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
音響部品の製造販売などを手がけるフォスター電機は9月14日、オーディオ製品のECサイト「Fostex e-shop」の顧客情報の一部が流出した可能性があると発表した。利用していたECサイト構築・運用システム「Allin1OFFiCE(オールインワンオフィス)」のサーバに対する不正アクセスが原因と見られる。流出した可能性がある情報は、顧客の電話番号とメールアドレス、ログインパスワード。クレジットカード情報はサーバ上に保管していな...   (続きを読む)
86
1位メルカリ、2位Amazon、3位楽天 ホーム画面設置率が高いECアプリ
ネットショップ担当者フォーラム (1/7)
スマートフォンアンケートアプリ「TesTee」を提供するテスティーは9月15日、10代〜40代のiPhoneユーザーがホーム画面上に直接設置しているアプリの実態調査結果を公表した。EC系のアプリで最も設置率が高いのは「メルカリ」(6.4%)。特に20〜30代で設置率が高い。設置率の2位は「Amazon」(4.8%)、3位は「楽天市場」(3.4%)だった。上位3つのアプリの設置率を年代別に見ると、全体として30代が高い。この結果を受けてアスティーは...   (続きを読む)
     


[  ページ内の記事数:  86  ]  [  記号の説明:   の数は当サイト利用者の人気度(閲覧数による評価)  外部人気記事 は外部サイトでの人気度(紹介数等による評価)   有用ブログ  は当サイト管理人が選択した「特に有用または興味を引くSEO系情報提供ブログ」   人気ブログ  は当サイト利用者の閲覧率が高いブログ(一定期間に一定数以上のSEO記事を投稿するブログが評価対象)   は「SEO記事フィルタ:オン」のとき表示されない記事  ]  [  操作の説明:  タイトルをクリックすると別タブまたは別ウィンドウでオリジナルページを表示  ]
【当ページの最初の記事】
表示形式: [ 標準 | 簡素 ]    表示順序: [ 新しい順 | 古い順 ]  (左記の設定は使用中のブラウザーに保存されます)
SEO記事フィルタ: [ オン | オフ ]    人気記事フィルタ: [ オン | オフ ]    有用ブログ記事フィルタ: [ オン | オフ ]


 << その前  今日までの35日分の記事  その後 >>





【説明】

SEO記事リミックスは、多数のブログ、メール・マガジン(メルマガ)、電子掲示板(BBS)、ニュース、ソーシャル・ブックマーク(SBM)などの記事情報をリミックス(組み合わせ)して一覧するRSSリーダー機能です。

  • 「SEO記事フィルタ:オン(既定値)」の場合、「SEO」「SEM」「検索エンジン」「Yahoo!」「Google」等と関係が深いと推定される記事を選択して一覧します。 ただし、検索エンジン各社のオフィシャルブログは無条件に全記事を一覧します。
  • 「人気記事フィルタ:オン」の場合、当サイトの人気記事(閲覧数による評価)を選択して一覧します。

  • 一覧中のタイトルのクリックで記事ページを表示します。
  • 一覧中のサイト名のクリックでサイトの記事一覧を表示します。

  • 表示対象にしているサイトは [対象ブログ一覧] に示します。

***

SEO記事リミックスへの掲載を希望されないブログ(サイト)オーナー様は、お手数ですが お問い合わせ でご連絡ください。 お手数をおかけしましたことをお詫びすると同時に、掲載対象から外させていただきます。

   
SEOの施策とツールの紹介
SEO用語集
                   

全目次
ナビゲーションメニュー
あわせて読みたい
相互リンク

 

↑ このページの先頭に戻る    
  • 当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当サイトはGoogleが提供している広告を表示することで紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラムであるGoogleアフィリエイト・サービス(Google Adsense)の参加者です。

  • サイトマップ当サイトについて利用上の注意個人情報の扱い更新記録お問い合わせ | 2017/10/23 00:29:55
    - Copyright (c) 2006-2017 晴練雨読 -